【雪夜に仄めく】


MEIKOオリジナル曲 第2弾
  

雪夜に仄めく

ひらひらと舞う白い雪
名残惜しそうに
曲線を描き 足元に
溶けて消えてく

白い吐息を持て余し
肩を小さくしてみせて
この街道の風をくぐった

澄んだ空気が喧騒に
紛れていって ひそやかに
街の色や人の温度を際立たせている

散らばる照明と 舞い降りる雪
交わって長い夜を飾る
耳を澄まし聞く足音
君のリズムが刻まれていく

約束は不安になるから
言葉にも形にもしないけど
何度冬が来ても こうして
一緒にいられたらいいね

雑踏を抜けた先にある坂
吐息も足音も不規則になる
高台から眺めた街は
輪郭がぼやけ儚く見えた

遠く響く冬の音楽
冷たい風の中に潜って
秘めた夢や光や雪と
混ざりながらこの夜に溶けていく

コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


この記事へのコメント

初めまして、ちまちのこと申します。
少し遅くなりましたが、halP様の新曲、聴きました。最初の方の低音が安定してて、ずっと低音の曲かな?、と思っていたら…サビの方の高音の伸びの綺麗さに聴き惚れてしまいましたvやっぱりスゴく綺麗な曲を作られる方だなぁと感嘆してしまいました!
私は恋するアプリでhalP様を知ったのですが、その「恋するアプリ」の事でお話があります。私はサイトを運営しているのですが、着メロをコンテンツの一つにしてまして…恋するアプリについては事後報告になってしまい本当に申し訳ないのですが、halP様の制作なさった曲の着メロを作る事と私のサイトで配布する事の許可をいただけないでしょうか?着メロの掲示場所には添付したURLから行けます。携帯で作っている為、DoCoMoしかDLできませんが…。許可をいただけない場合は即刻削除させていただきたいと思っています。御手数ですが、許可・否許可について、添付したメールアドレスにご連絡をいただけると嬉しいです。
長文並びに乱文で失礼致しました。これからもファンとして影ながら応援させていただこうと思っています!頑張って下さいv
Posted by ちまちのこ at 2009年02月05日
初めまして、メッセージありがとうございます!
先ほど、ご入力頂いていたアドレスの方へ返信して来ました。
送信に不備があった時の為にこちらにその事を書いておきますね。
どうもありがとうございました!
Posted by hal at 2009年02月08日
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113175482
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。