新曲です!

またしてもお久しぶりですこんばんは!
これが決まり文句みたいになってる当ブログです。

こちらでの報告が遅れてしまってしまったんですが、新曲上げてきました!



よろしければ、お暇な時にでも覗いてやって下さい。

イラストはピアプロよりお池様にお借りしました。
また、今回初めてつんでれんこというエンコードツールを使ってみました。
他のPCでどうなってるか若干不安でしたが、どうやら無事できているようで。作者様に感謝!

さてさて今回のKAITO曲は真面目な部類に入りますw

曲に関しては、今まで使っていない音もけっこう使ってみたりして楽しかったです。
でも結局自分でよく使う系の音を混ぜてしまうんですけどねー。この辺は、良くも悪くもな感じです…。
こっそり言うと、今回は異国情緒を少し意識してみたり。言ってるだけなので見逃して下さいw
エキゾチックな曲にはずっと憧れがあります。でも結局大体の曲が好きです。

自作の中では物語系にはなりそうなんですが、実質登場人物が主に一人というオチです、ありがとうございます。
ABメロあたり、説明のようにベラベラ喋ってるので歌詞なるべく聞き取りやすいよう…と思ったものの、作ってる自分ではどうしても判定が甘くなってしまうので、どんなもんだろうか…。お聞き苦しくなっていなければ幸いです。
あと奇しくもローアングルの早口体験が少なからず役に立ったというwやっといて良かったですw

それでは、お楽しみ頂ければ幸いです!
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


この記事へのコメント

お久しぶりです。元、氷崇です。

新曲、早速聴かせていただきました!調声は言わずもがな、素敵なKAITOと独特の美しい曲を有難うございます!曲を聴き、歌詞を見て不思議な気持ちになりました。苦しみを避け、幸せを願っているはずなのに何故幸せだけの世界では足りないと思ってしまうのか…答えは一生分からないです、きっと。我が儘ですね、人間って…我が儘なのが人間なのかな。主人公は凄く純粋で、子供で…色んな意味で羨ましかったです。
いつもどおり何だか文が支離滅裂になってきたのでこの辺で止めますね…。


やはり!私はhalさんがボカロ界で誰よりも大好きです!これからも、ずっとずっと応援しています!頑張って下さい!
Posted by 斗輝 at 2010年10月05日
■斗輝様
お久しぶりです! 新曲、早速お聴き下さりありがとうございます!
KAITOの声や曲、気に入って頂けていたらとても嬉しいです。
今回の曲、不思議な気持ちと言って頂けると実は少し嬉しいです…w
拙い歌詞ゆえに自分の思う所をまとめきれていない気もするんですが、丁寧に歌詞を見て下さり、自分自身が思って書いた事の核心に触れたご感想を頂けて嬉しく思います。動画投稿は頂くコメントでまた新たな発見があったり…w

頂くお言葉は本当自分にはもったいないですが、そのように仰って頂けて光栄に思います。
お言葉を励みに頑張りますね、ありがとうございます!

Posted by hal at 2010年10月07日
こんにちは!

大好きなhalPと聞いて確か投稿日に見たんですが、世界が病んでいるのか、主人公が病んでいるのか少し悩みました。

今回はかなり真面目というか赤裸々というかhalPらしくまとめた、っていうのが、凄く伝わる歌詞でした。
音もいつもと違った音色でした。

世界観は理解出来るのですが、halPが何故こういう曲を作ったのか、きっかけを聞いてみたいです。

いつも素敵な音楽をありがとうございます!!
Posted by えい at 2010年10月26日

halP、おはこんばんちは!「ローアングル」以来のごぶさたではございますが、どうしても感想を申し上げたく、失礼いたします。

halPの新曲ということで、もちろん投稿された当日には拝聴させていただいたのですが。何故でしょうか、
この曲に得体のしれない恐ろしさを感じてしまったのです。これがhalPのおっしゃる『何かよく分からない
引っかかり感』なのか、深い歌詞のなせる結果なのかはわかりませんが、久々に中毒曲に出会えました。
今でも毎日リピートしていますが、まだまだ聴き足りない気がします。
もし2010年のベスト曲を聞かれたら、間違いなくこの曲を挙げます。

音程やハモリは「ローアングル」を引き継いでるのでしょうか。低音部に溜めつつハモリは重厚で、
中高音部の訴えてくるような調声が、halPにしかできない曲だな〜と感激しました。
そして皆気にしておられるとお思いますが、あの歌詞!イントロ部から雰囲気がいつもとは違うな、と
身構えていたのですが、まさかこう来るとは。ありそうでなかったのか、誰も触れないように避けていたのか。
これは、童話にも出てくるし、現代社会にも通じる……永遠のテーマのひとつですよね。
何度聴いても『ほら 誰も傷つかない世界に変わった』で泣けてしまいます。
それにしても、halPの引き出しの多さには毎回驚かされます。「日々精進」や「甘い日々」も大好きです( ´∀`)b

調声についてなんですが、これがAppendだ。と言われても納得出来るほど、多様な声が聴こえました。
勘違いでしたらすみません。意図しておられなかったならオケの効果なのか、はたまた、やはりhalPのKAITOは
生きておられるということですね。いつも思うんですが、halPのボカロはものすごく美声な上に、生き生きしてて
とても合成音声ソフトには聞こえません。シンガーパラメーターの設定値の予想もできないです。
もしよろしければ今後、halPの調声のこだわりなどお聞かせ願えたら幸いです。
Posted by cactus at 2010年11月06日
■えい様
こんばんは、コメントありがとうございます!
そして返信が遅くなってしまってすみません…;
投稿日早々にご視聴頂けてとても嬉しいです!

仰るとおり、ほんのり病んでるテイストな曲です…w
この曲の世界にも主人公にも、少しずつおかしな部分があるんだと思います。赤裸々と表現される分には確かに、自分のひねくれた目線が出てるかもなあと思います。

きっかけと考えると難しいですけど、悲しい話に対して、自分がふと思う事に関してを少し掘り起こしてみたりした、というのもあると思います。何だかうまく言えなくてすみません…!

こちらこそ、いつも聴いて下さりありがとうございます!


■cactus様
おはこんばんちは、またコメント・ご感想頂けて嬉しいです!

当日に早速ご視聴頂けて嬉しいです。
恐ろしさ、というお言葉を頂けるとはまた新鮮に思います。
引っかかり感という言葉が自分でもうまく説明できずもどかしいのですが…。
「どうする事もできないという、どうしようもない感情」みたいなものかもしれません。読後感のあまり良くない話、みたいな…。余計ややこしい気がします、すみませんw
リピートして頂けて光栄です!また、ベストとはもったいないお言葉ですが、そのお気持ちをとても嬉しく思います。

ハモリは確かにローアングルに通ずる部分があるかもしれません!あと、やっぱり自分はKAITOの場合は中〜低音域が好きなんだろうなあと…w
歌詞は、単にいち個人が考えているだけの事になってしまいますが、表現してみたかった事の一つです。うまく伝えられるような歌詞にできているか分かりませんが、色々考えて頂けるというのは作った身として光栄に思います。
引き出し多くないですよーw基本KAITO曲に関してはかわいそうな立場が多い気がしますw

調声についても嬉しいお言葉ありがとうございます、Appendとは恐れ多いです!
至らない所も多々ありますが、生き生き聞こえていり声を気に入って頂けてとても嬉しく思います。
こだわり、これだけは絶対する!という事は特に無いんですが、・歌詞が聞き取りやすいように・感情が少しでも入っている雰囲気で&ロボロボしくならないように、という所は大切にしたいなと思っています。
あとは、勘と慣れと根気だと思います…w参考にならなくてすみませんw

ご視聴もコメントもどうもありがとうございます!
Posted by hal at 2010年11月09日

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。