ボツ曲と一発芸

こんばんは、本格的に寒くなってまいりましたね。

といわけで今年の3月ぐらいにここで今さら冬の曲作ってますとか言ってたものを、さらに今さら上げたいと思いますw

最後まで仕上げる気になれず、そのままだらだらとボツ曲にしてしまったんですが
他の途中曲よりは割とできてきていた曲だったので、また冬が来た機会に日の目を見させてみました。
ここに置くにあたっても中途半端に調整しただけなのでなんともお聞き苦しいと思いますが、単なる自己満足ということで…。
でもmixで繰り返し聴くと、なんだか自分がボツした気も分かってしまうなー…という残念な感じです。

あともう一つは同じ日に作ったネタです、悪ふざけですごめんなさいw

よければどうぞ〜↓↓ ※解説含め無駄に長いです




 雪と電光


雪降るこの町 さあおいで
ここから眺める景色は 白く とても綺麗

古い記録の中の 冬に捕われたまま
眠る想い人へと 捧げる為


高くそびえる電子の塔に
デジタルの雪を降らせる


どこまでも続く 演算処理と 銀の夢


見ていて もうすぐ リセットが終わり
新しい冬が また始まる


組まれた時に合わせ 砕ける氷の音
四季を失くした地に生きる 冬のレプリカ


冷たく澄んだ風の虚像に
囲われた理想の世界


いつまでも続く 形状記憶の この夢

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ちょっとした解説

最近ほの暗いというかジトっとした曲が続くんですが、これもそんな感じです。
それと、MEIKO曲の古都〜に雰囲気や展開が似てね…?という\(^o^)/

歌詞のとおりですが、冬曲と見せかけて実は作り物の冬です。
もう四季とかなくなっちゃったんだけど、好きだった人が冬に憧れてたから一人寂しくずっと作ってるんだってさーというオチ。
さわやかな人(この歌の主人公)が来たな〜と思ってたら、だんだんとあれこの人なんかきもちわるい。
となって頂けたら私がこっそりニヤッとしますw
音をうまく削るなりしてすっきりさせるべきなんだよなあ…

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
このままじゃなんなので

 
ショートコント:歌になかなか入れない人
 
http://halaki.up.seesaa.net/image/E38195.wmv

同じ日に作りました、こういうの作るのほんと楽しいww
ネタバレ・サ行強調の為のパートです。9月からあたためていたネタだなんてそんな…


ではでは好き勝手失礼いたしました〜!
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/172900717
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。